読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT大国ロシア

ロシアのITベンチャー、ロシアの大学生、ロシアのあれこれ、日本ではアクセスしにくい情報やニュースを発信します。

エンジニア不足が懸念される今、ロシア政府が打ち出した施策とは!?


こんにちは。最近は外に出るのが億劫になるくらい寒くなりました。

さて、2014年〜2018年にかけて、ロシアでは 35万人のエンジニアが不足すると予測されています。そこで、昨年12月30日に、ロシア政府は「国内のIT産業を強化する」という趣旨で、5ヵ年計画を発表しました。

例えば、コンピュータサイエンスなどを学ぶ学生 15万人に対して、授業料全額免除奨学金を提供することを計画しています。その他にも、面白そうな取り組みがあるのでご紹介します。

イノベーティブ・シティ (カタカナで書くとださい笑)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------


施策の中核には、カザンに人口 15万人の画期的な街を創ろうという計画があります。ロシア中から約 6万人の若手エンジニアをこの街に集め、イノベーションが起きやすい環境を人為的に創ろうという計画です。幼稚園や病院施設、ショッピングセンターなどの着工も進めており、研究に専念できるような住みやすい街を設計しています。

カザンは、人口約120万人、モスクワから飛行機で1時間30分のところに位置し、2018年にはW杯が開催される地域です。空港からは、電車やバスを乗り継ぐ必要があるので、アクセスはイマイチです。

政府によるこのような施策は、モスクワにあるスコルコボに続いて、2つ目ですが、いずれも都心部からは少し離れるあたり、シリコンバレースタンフォード大学を意識しているに違いありません。ちなみに、街や建物のデザインは、シンガポールの有名な建設会社 RSP Architects Planners & Engineers というところが担当しています。


ロシア版、慶應SFC
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

このシティ構想の中核として Innopolis University というIT教育アントレプレナー教育に特化した大学が新設されます。(2014年9月完成予定)「学問領域だけでなく、不確実な社会でも意思決定ができる人材を輩出する」というコンセプトを掲げており、学士と修士あわせて5000人ということなので、コンセプトや規模感は慶應大学藤沢キャンパス(SFC)とぴったり一致します。

提携校には、ロシアで起業家を多く輩出している Moscow Institute of Physics and Technology に加え、アメリカのカーネギーメロン大学があります。ちなみに、スコルコボの提携校はマサチューセッツ工科大学です。個人的に、最も提携しそうな日本の大学は、会津大学だと思います。あまり知られていませんが、日本において、ロシアとの"技術"交流に最も力を入れている大学です。

現在は、実験段階として大学院生のみを対象とし、一般応募 720人の中から 14人の院生が選ばれました。


政府系VCのバックアップ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年、ロシア国内のIT分野におけるベンチャー投資額は540億円でしたが、5年以内に1200億円まで額を引き上げるとしています。実際、ロシア政府が全額出資する Russian Venture Company (RVC) *1は、各ファンドを通じて、2016年までに国内の総ファンド規模を1兆円まで高めると、あらゆる場で宣言しています。

【参考】
日本国内の総ファンド規模(2012年):約1兆7000億円
日本国内ベンチャー投資(2012年):約1200億円
日本国内のIT分野におけるベンチャー投資額 (2012年):約610億円
出典:2013年度ベンチャーキピタル等投資動向調査結果


感想
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
思ったよりもベンチャー企業にお金は流れている気がしますが、ロシアにはシードアクセラレータが少ないので、起業家の層が薄いと感じていました。その点、時間はかかりますが、若手の育成をはじめたのはとてもいいことだと思います。もっと現場の雰囲気を掴みたいので、アポをとれるかわかりませんが、来月この地域を訪問してみます!


もし「ロシアの○○について調べて欲しい」というご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。現地の学生に聞くなり、Q&Aサイトに投稿するなり、あらゆる手段を駆使して、僕なりの回答をさせていただきます。

*1:RVCは約1000億円規模の Fund of Funds で、2013年は144社に約440億円(1社平均3億円)を投資しています